[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル5/17(木)「被ばく牛と生きる」上映会
投稿日: 2018/04/23(Mon) 15:33
投稿者大竹財団
参照先http://ohdake-foundation.org

5/17(木)「被ばく牛と生きる」上映会 『被ばく牛と生きる』上映会

日 時: 2018年5月17日(木) 19:00〜20:50(開場18:30)
会 場: 大竹財団会議室(東京都中央区京橋1-1-5セントラルビル11F)
交 通: JR東京駅八重洲中央口徒歩4分(八重洲地下街24番出口すぐ)
     東京メトロ京橋駅7出口徒歩3分
     東京メトロ日本橋駅B3出口徒歩4分
参加費: 一般=500円(学生、大竹財団会員=無料)
定 員: 30名(要予約)
     【Web予約】http://bit.ly/2Hzvze5
主 催: 一般財団法人大竹財団 Tel.03-3272-3900
     http://ohdake-foundation.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドキュメンタリー映画『被ばく牛と生きる』

監督・編集:松原 保/プロデューサー:榛葉 健/ナレーション:竹下景子/出演:吉沢正巳、山本幸男、池田光秀、池田美喜子、柴 開一、渡部典一、鵜沼久江、岡田啓司(岩手大学農学部教授)/製作:(株)パワーアイ/配給・宣伝:太秦/2017年/104分

【公式ホームページ】
http://www.power-i.ne.jp/hibakuushi/

【ストーリー】
2011年、福島第一原発事故から1ヶ月後、国は20km圏内を“警戒区域”に指定、立入りを厳しく制限。同年5月、農水省は放射能に汚染された食肉を流通させないため、20km圏内にいるすべての家畜の殺処分を福島県に通達。強制避難を強いられ明日をも見えない農家は、涙をのんで従うしかなかった。「3・11」時点で約3500頭いた牛は、牛舎につながれたまま残され約1400頭が餓死。しかし、「自分たちが育ててきた牛が放射能汚染されたからといって、その命を奪うことはできない」という思いから、国が決定した殺処分の方針に納得できず、膨大な餌代を自己負担しながら牛を生かし続けようと決意した農家が現れた。ある農家は被ばくを覚悟で住んではならない居住制限区域で暮らし、別の農家は2日に1回60キロ離れた二本松市の仮設住宅から通い続けた。存在が許されない声なき命を守りたい。知られざる畜産農家の決意、軌跡に心を揺さぶられるドキュメンタリー。


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
文字色
Eメール 公開または未記入  非公開
タイトル
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
パスワード (英数字で8文字以内)
書き込みパスワード
(ロボット投稿対策)
(tcxpressと入力してください)
画像File (←100kB程度まで)
プレビュー  

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード