[リストへもどる]
新着記事

タイトル【9/22】オープン講座 種子法廃止から半年 どうなっている? 地域の動きと世界の運動
記事No3803   [関連記事]
投稿日: 2018/08/15(Wed) 13:28
投稿者アジア太平洋資料センター(PARC)   <>
参照先http://https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id
食の源である種子。
農業も豊かな食文化も、すべては1粒の種子から始まりました。しかし「緑の革命」以降、工業化された大規模農業が推進される中で、種子は知的所有権の対象となり、グローバル大企業による支配が進められてきました。
日本でも2018年4月に主用農作物種子法が廃止となり、日本社会における種子の問題に多くの人が気付き、行動しようとしています。
廃止から半年の間に、新潟県、兵庫県、埼玉県では独自の種子条例を制定し、各都道府県が種子の開発・生産・普及に引き続き責任を持つ体制が確保されました。そして、北海道でも同じように種子条例をつくる動きがあります。背景には、農業者や消費者、市民団体、研究者などが連携して進めてきた運動があります。このセミナーでは、まず、北海道で起こっている「種子基本条例」づくりへの取り組みについて最新の動きを久田徳二さんにご報告いただきます。
また世界の種子をめぐる様々な動きや、食と農の構造的な問題について印鑰智哉さんにお話いただきます。その上で、これから地域で何ができるのか、どういう視点を持って活動を広げていけばいいかなど、海外の事例なども参考にしながら、参加者の皆様とともに意見交換・議論したいと思います。どうぞお気軽にお越しください。

************************************************************

■日 時:2018年9月22日(土)14:00〜17:00 開場13:30

■会 場:万世橋区民会館 3F 和室 東京都千代田区外神田1丁目1−11

■参加費:500円 ※予約優先

■プログラム

【報告1】北海道で進む「種子基本条例」への動き
久田徳二さん(ジャーナリスト/北海道たねの会代表)

【報告2】種子をめぐる世界の状況と農民・人々の抵抗と対案
印鑰智哉さん(日本の種子を守る会 事務局アドバイザー)

※お二人のご報告の後、議論と質疑応答を行ないます。

■コーディネーター:内田聖子(PARC共同代表)

■講師プロフィール

久田徳二さん
ジャーナリスト/北海道たねの会代表/元北海道新聞編集委員/北海道大学客員教授。主著に『北海道の守り方─グローバリゼーションという〈経済戦争〉に抗する10の戦略』(編著)寿郎社 2015/『トランプ新政権とメガ協定の行方』北海道農業ジャーナリストの会 2017 「北海道たねの会」のfacebookページはこちら https://www.facebook.com/HokkaidoSeedOrganization/


印鑰智哉さん
日本の種子を守る会 事務局アドバイザー。ブラジルでの活動経験から南米における遺伝子組み換え農業、工業型農業がもたらす問題とそれに対抗し、未来を切り開く活動&科学としてのアグロエコロジーに早くから注目し、情報発信を続けている。ドキュメンタリー映画『遺伝子組み換えルーレット』企画・監訳。現在はフリーな立場から食からの社会変革を訴える。

********************************************
◆お問合せ◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455
E-mail :office@parc-jp.org


タイトルアクションツアー沖縄 2018 - 平和の祈りを沖縄から
記事No3802   [関連記事]
投稿日: 2018/08/15(Wed) 13:18
投稿者アジア太平洋資料センター(PARC)   <>
参照先http://https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=87
渦中の島、沖縄は私たちに多くの問いを投げかけます。
抵抗運動を続ける人びとへの警察や機動隊の弾圧は厳しくなる一方で
日々緊迫した状況が現地では続いています。
このツアーでは沖縄県知事選直後の辺野古の一斉行動に参加し、私たちも抗議の意思を訴えながら、基地や戦争に反対する思いを共にする人びとと交流します。
沖縄戦のなかでも激戦地の一つといわれる伊江島も訪問し、島の歴史と現在を巡ります。反基地闘争、土地闘争を指導し「沖縄のガンジー」と呼ばれた阿波根昌鴻(あはごんしょうこう)の実践と思想を学び、平和への祈りを新たにしましょう。
沖縄各地での活動の現場と歴史を巡り、人びとと出会いながら繋がり、私たちがそれぞれこれからどのようなかかわりができるのか共に考えてみませんか。

詳細はこちらのページからご覧いただけます。
https://ssl.parcjp.org/e/html/products/detail.php?product_id=87

お申し込み・お問い合わせは
NPO法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
Tel:03-5209-3455 Fax:03-5209-3453
E-mail:office@parc-jp.org http://www.parc-jp.org/


タイトル中高生向けの夏休みセミナー:私たちの身近にもある「貧困」問題
記事No3801   [関連記事]
投稿日: 2018/08/03(Fri) 18:22
投稿者認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ   <>
参照先http://hrn.or.jp/news/14285/
中高生向けの夏休みセミナー:私たちの身近にもある「貧困」問題

*主に中高生向けですが、大人の方も参加できます。




貧困や格差、という言葉、ピンときますか?





2030年までの世界が達成する目標として、SDGs(持続可能な開発目標)が掲げられ、

貧困・格差をなくすことは、世界の重要なゴールの一つと設定されました。




それは途上国の恵まれない子どもたちの問題かな、と思う人もいるかもしれません。

でも、実は私たちの身近にあります。




若者の貧困、子どもの貧困、お年寄りの貧困・・・

お金がなくて大学に行けない、ネットカフェで生活するしかない等、

若い人たちの貧困も社会問題となってきました。




貧困や格差は未来や希望を奪い、多くの場合、人権が根底から奪われます。




多くの人が貧困に苦しまないため、私たちに何ができるでしょう。




貧困問題を中心に社会問題にとりくむゲストとともに、

「自分たちに何ができるか」を考えてみませんか?





たくさんの中高生のご参加お待ちしております!







【スピーカー】


伊藤和子氏(弁護士/ヒューマンライツ・ナウ事務局長)


藤田孝典氏(ソーシャルワーカー NPO法人ほっとプラス代表理事)
首都圏で生活困窮者支援を行うソーシャルワーカー。
NPO法人ほっとプラス代表理事。
聖学院大学人間福祉学部客員准教授。
反貧困ネットワーク埼玉代表。
ブラック企業対策プロジェクト共同代表。
厚生労働省社会保障審議会特別部会委員。
著書に『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』(朝日新聞出版2015)『ひとりも殺させない』(堀之内出版 2013)など多数。



【概要】

日時:8月26日(日)
14:00~17:00(開場13:30)




場所:玉川聖学院 谷口ホール

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-11-22

東急東横線「自由が丘駅」正面出口より徒歩約6分

東急大井町線「九品仏駅」より徒歩約3分
http://tamasei.ed.jp/access/




参加費:中高生:500円
関係者・保護者:1,000円
大学生:1,000円(中高生優先)
大人一般:1,200円




お申込方法:参加申込フォームよりお申込みください:
https://docs.google.com/forms/d/1wgsrlZL7VUyxVg900u1kp1YRVBDYp0d-R4TPtZ6Yrfg/
上記からお申込みができない場合は、下記のHRN事務局宛に、件名を「8/26開催 中高生 夏休み人権セミナー参加希望」として、お名前、ご連絡先を明記の上、Eメールでお申し込みください。

お問合せ:認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)事務局
Tel:03-3835-2110
Email: event@hrn.or.jp

主催:認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ

協力:玉川聖学院


タイトル「ヨガ×ココロ」女性限定 8/7 18:30から
記事No3800   [関連記事]
投稿日: 2018/08/03(Fri) 13:39
投稿者認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ   <>
参照先http://hrn.or.jp/news/14285/
ヒューマンライツ・ナウ 女性限定 チャリティ

ヨガ&トークイベント:ヨガ×ココロ



暑い夏がやってきましたね。

ヒューマンライツ・ナウではこのたび、 チャリ

ティヨガ・イベントを開催することにしました



あわただしい日常の中、どうしても 周囲に優し

くない態度を取ってしまう、 地球に優しくない

行動をとってしまう、 自分を大切にできない、

そんな時、どうしますか。

にじいろヨギー代表で、女性の想いに寄り添う

ヨガを教え続けてこられた見城佐知子さんをイ

ンストラクターとして お招きし、ヨガ&トーク

のイベントを開催します。



ヨガ・インストラクター:見城佐知子さん

トーク:見城佐知子さん×伊藤和子(ヒューマン

ライツ・ナウ事務局長)



■インストラクター・見城佐知子さん(にじいろ

ヨギー代表)

プロフィール



多摩美術大学卒業後、設計事務所にて働く。そ

の後妊娠を機に専業主婦へ。末の娘の出産後、

ヨガを学び指導者となる。 ヨガインストラクタ

ーとして活動をはじめたその年の3.11もきっか

けとなり生き方、暮らし方を見直しはじめる。

より人に優しく環境に優しい生き方へ少しずつ

シフトし、2017年にはエシカルコンシェルジュ

講座を2期にわたって受講し、さまざまな立場か

らエシカルを伝えている。 居住地の世田谷区で

は産前産後の講座の講師として活動、また区外

の地域の子育て支援の場でもカラダのことだけ

でなく女性の悩みに寄り添った指導を続けてい

る。 それとは別に__KU_KO(クコ)というブラン

ドをもち、仲間と一緒に洋服をはじめとしたも

のづくりを続けながら、モノを大切にするとい

うことを知る機会になればと思っている。 2017

年より和綿の栽培にチャレンジし、2018年より

WAcottonという名でプロジェクトを開始し、毎

週コットン畑へ足を運んでいる。

お話の相手  ヒューマンライツ・ナウ事務局

長 伊藤和子 ヨガ初心者


日時 2018年8月7日 午後6時半~8時半



会場 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブ

One秋葉原ビル8階ラーニングカフェ
※会場については、最新情報はホームページ

http://hrn.or.jp/news/14285/をご覧ください



秋葉原から徒歩8分  末広町から徒歩5分

6時開場

6時半~7時15分 ヨガ

7時半~8時半   トーク 見城さんと語る「ヨ

ガとココロ、カラダ、エシカルな生き方」

ワン・ドリンク付き3500円 (HRNから寄付金受

領書を発行いたします)。



事前申込制 8月5日までにお申し込みください

。(最少催行人数 10名。定員25名

定員に達し次第締め切らせていただきますので

、お申込みはお早めにお願いします)

申込みフォームはこちら:

https://docs.google.com/forms/d/1iTdxCN3b

J8nNzmDQw6uHO2y1yT8i6_6ttfFqMON_p_k/

フォーム送信が困難な場合にはメール

(event@hrn.or.jp)宛に、

件名を「8/7イベント参加希望」として、

お名前、ご所属(任意)、ご連絡先、どちらで

当イベントをお知りになられたかを明記の上、

お申し込みください。


タイトルMATAGIフォーラム「森の恵みを生活に活かす〜シカ・イノシシの皮を価値ある資源に〜」
記事No3799   [関連記事]
投稿日: 2018/07/25(Wed) 13:27
投稿者地球・人間環境フォーラム   <>
参照先http://www.gef.or.jp/news/event/180901-02matagiforum/
シカ・イノシシは日本の森の貴重な資源です。野生動物の命をいただくことについて考え、そうした森の恵みを生活に使うことの豊かさを見つめます。

近年、野生鳥獣−中でもシカやイノシシの頭数増加に伴い、中山間地では農林業に被害が出ているほか、生態系への影響が深刻化しています。環境省ではシカ・イノシシの生息数の管理に乗り出しており、全国で野生動物管理のための方策が進められ、狩猟も奨励されています。

MATAGIプロジェクトもスタートして5年以上が経ちました。全国300か所以上の産地から皮が届き、なめした皮が活用されています。ジビエが社会的にも認められ、野生のシカ・イノシシの皮の良さも知られてきました。

今回、9月1日(土)、2日(日)の2日間、東京御徒町のモンベル4階サロンを会場に、各産地からの出展・販売と、1日にはフィールドを熟知する3人のゲストによるシンポジウムを、2日にはスペシャルワークショップを企画しました。野生鳥獣の皮活用の最前線を、ぜひ見に来てください。


■開催概要
日時:2018年9月1日(土)・2日(日)
会場:モンベル御徒町店 4階サロン
http://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=678541
東京都台東区上野3−22−6コムテラス御徒町(JR御徒町駅南口すぐ)

◎展示出店・販売◎
1日(土)12:00〜21:00、2日(日)10:00〜16:00(期間中出入り自由)
MATAGIプロジェクトはシカやイノシシの獣皮を有効な資源として活用し、地域の活性化につなげる獣皮活用支援のプロジェクトです。このプロジェクトに参加する全国の事業者が展示出店します。

◎シンポジウム「野生の皮は価値ある資源〜日本の山野の恵みを語る」◎
1日(土)15:00〜17:00(申込不要)
登壇者:
★佐々木淳氏(ハンター・北海道中標津で活躍)
★井戸直樹氏(森のたね代表)
★鹿熊勤氏(自然ジャーナリスト)

◎スペシャルクラフトワークショップ「生木を削ってスプーンをつくる〜グリーン・ウッド・ワーク〜」◎
2日(日)11:00〜14:00(要申込)
参加費:5,000円
定員:先着20名(18歳以上)
詳細・お申込み:http://ecocen.jp/unclassified/2581

MATAGIプロジェクトの詳細はこちら(http://matagi-pj.ecocen.jp/
*この事業は三井物産環境基金の助成を受けて実施します。

■問い合わせ
MATAGIプロジェクト実行委員会/地球・人間環境フォーラム
sakamoto(a)gef.or.jp((a)を@に置き換える)
TEL:03-5825-9735/FAX:03-5825-9737


タイトル「Present Tree in ひろの」交流イベントバスツアー参加者募集
記事No3798   [関連記事]
投稿日: 2018/07/20(Fri) 16:01
投稿者認定NPO法人環境リレーションズ研究所   <>
参照先http://https://www.presenttree.jp/tour/hirono2018/hirono2018.html
2016年1月にスタートした「Present Tree in ひろの」の活動の一環として、広野町の皆さまとの交流イベント(日帰りバスツアー)を下記の通り実施いたします。これまでに広野町内外協働先と共催したツアーは、おかげ様で参加者の皆さまから高く評価いただきました。これらから生まれたご縁が末永く続き、広野町はじめ双葉郡がますます元気になることを願い、昨年11月・今年4月に続き、この度全3回シリーズの最終回を開催いたします。

今回は、広野町から浜通りを北上して、楢葉町と浪江町での視察も行います。楢葉町では、Jヴィレッジ近くで田んぼアートを作り、浜通りの復興をアピールする活動をご紹介。そして、昨年3月に6年超に及ぶ全町避難指示が一部を除いて解除された浪江町では、 同町の復興に向けての歩みと現状を視察していただきます。浜通りの「今」を自らの目で見て、考える、貴重な体験です。皆さまのご参加を心よりお待ちしております!

【日時】
2018年9月2日(日)7:00〜20:00頃 ※雨天決行

【集合場所&時間】
新宿駅西口 工学院大学前(中央通り沿い) 07:00〜受付開始

【参加費】
お一人様 ¥3,500(大人・子供同一料金)
※バス代、昼食代、現地受入れ費など
※お申込み後、8/20(月)以降に旅行会社(リボーン〈エコツーリズム・ネットワーク〉)からお振込案内が届きます。

【スケジュール詳細】
07:00  新宿駅西口 工学院大学前(中央通り沿い)集合
07:10  出発
10:30  広野町到着〜「Present Tree in ひろの」植栽地で草刈り作業
11:45  昼食
12:30  広野町発〜楢葉町「田んぼアート」見学
13:00  楢葉町発〜浪江町視察(現地ガイド付)
16:00頃 現地発
20:00頃 新宿駅西口到着・解散

【服装・持ち物】
■ 長袖、長ズボン、帽子、履きなれた汚れてもよい靴
■ タオル、飲み物、雨具

【詳細とお申込み方法】
下記URLをご覧ください。
https://www.presenttree.jp/tour/hirono2018/hirono2018.html


タイトル【NPO法人CFF】ボルネオ島でスタディツアー!平和のための学びの旅へ!
記事No3797   [関連記事]
投稿日: 2018/07/17(Tue) 15:19
投稿者NPO法人CFFジャパン   <>
参照先http://www.cffjapan.org/blog/explanation/2017cff-1.html
"マレーシアでは不法移民の親のもとに生まれて来た子どもたちが戸籍もなく、紙の上ではこの世界に存在しない人として、いまを生きています。

2018年夏、CFFの海外ボランティアでマレーシアへ!2017年、約300名以上の方に参加いただきました、CFFの海外ボランティア。資料請求はホームページから、CFFで検索!

環境、貧困、福祉、開発、民族、宗教...さまざまな視点から平和について考える旅。多民族国家マレーシア・ボルネオ島を舞台とした、多様な社会状況や価値観、生き方との出会い。
大自然の中で暮らす人たちの家にホームステイ、厳しい環境に置かれた移民の子どもたちや、重い障害を抱えながらも一生懸命に生きる人々とのふれあい。植民地時代の苦しみを語る戦争体験者とのセミナー。

…訪問、交流、語り合いを繰り返し、仲間とともに忘れられない9日間を創ります。

【主な訪問地】
・CFFマレーシア児童養護施設「子どもの家」建設地訪問
・ストリートチルドレン支援現場訪問
・フィリピン不法滞在者集落、水上集落訪問、子どもたちとの交流
・障がい者福祉施設訪問
・イスラム教寺院・キリスト教教会など一般の観光では行かない場所への訪問と交流を通して...

■マレーシアスタディツアー日程
第21回 2018年8月30日(水)〜9月7日(金)



NPO法人CFFジャパン
■東京事務局
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301
TEL:03-5960-4602 FAX:03-5960-4614
http://www.cffjapan.org/ Email:info@cffjapan.org"


タイトル【海外ボランティア募集中!】
記事No3796   [関連記事]
投稿日: 2018/07/17(Tue) 11:25
投稿者一般社団法人 ボランティアプラットフォーム
参照先http://volunteer-platform.org/
□   カンボジア/フィリピン/インド/タイ/カナダ
■    インドネシア/オーストラリア/セブ/ベトナム
□     海外ボランティア・スタディツアー募集中★
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

1人でも、初めてでも大丈夫!
早割 79,800円〜(チケット込)
日本語対応なので語学に自信がなくても安心♪
満足度96%の海外ボランティア・スタディツアーで、
一生ものの1週間を体験しよう!O(≧∇≦)O

詳しくはホームページにて☆
http://volunteer-platform.org/

「一生ものの体験!」
あなたの貢献チャレンジ応援します!
一般社団法人 ボランティアプラットフォーム
■お問い合わせ
TEL:03-6304-5353 FAX:03-4332-2393
メール:pr@v-pf.org
HP:http://volunteer-platform.org/


タイトル【イベント】7月24日(火)オリンピック&パラリンピック×人権:2020年までに達成したい!ダイバーシティー・人権の課題を語ろう
記事No3795   [関連記事]
投稿日: 2018/07/02(Mon) 14:14
投稿者渡邉さくら   <>
参照先http://hrn.or.jp/news/14084/
東京オリンピック・パラリンピックまでもうすぐ2年。
オリンピック憲章は、人権・ダイバーシティーの尊重を明記しており、開催地・都市にはそれにふさわしい取り組みが求められています。
果たして東京・日本の人権・ダイバーシティはどうでしょう。差別的な表現、自分とは違う人たちへの無理解や無関心等によって苦しんでいる人たちがいます。東京都でオリンピック憲章に基づく条例制定の動きもありますが、自治体から社会全体にどんなメッセージを伝えることができるでしょうか。そして市民ひとりひとりは何ができるでしょうか。
LGBT、外国人差別、障害者の課題などについて、最前線で活動する方々に集まっていただき、議論する機会を設けたいと思います。ぜひ、皆様のご参加をお待ちしています。

詳細URL:
http://hrn.or.jp/news/14084/

【参加費】
一般 1,500円
ヒューマンライツ・ナウ会員、マンスリーサポーター、学生 1,000円

【日時】
2018年7月24日(火) 18:30-21:00 (開場 18:15)

【場所】
専修大学 神田キャンパス 5号館 6階 561教室
〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8

交通案内
・水道橋駅(JR)西口より徒歩10分
・九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩5分
・神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩5分
http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access.html#kanda
施設案内
https://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/

【スピーカー】 
上川あや氏(世田谷区議会議員)×藤原志帆子氏(ライトハウス代表)×殷勇基氏(東京弁護士会・弁護士)×崔栄繁氏(DPI日本会議)

【お申込み】
参加申込ご希望の方は以下のフォームよりお申込みください:
https://docs.google.com/forms/d/1el-FUwO-go-A7R-LWolSNiktvNZTADfA5gNL-W-Rk-k/
フォーム送信が困難な場合にはメール(event@hrn.or.jp)宛に、件名を「7/24イベント参加希望」として、お名前、ご所属(任意)、ご連絡先、どちらで当イベントをお知りになられたかを明記の上、お申し込みください。


タイトル7/12〜8/30【英会話連続講座】英語で学ぼう!SDGs×人権
記事No3794   [関連記事]
投稿日: 2018/06/28(Thu) 13:46
投稿者認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ   <>
参照先http://hrn.or.jp/news/14031/
国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、この夏も「英語で学ぼう!SDGsと人権問題」を開催することになりました。

初めて参加される方も、去年のセミナーに参加された方にも楽しんで頂けるように、国連の仕組みに関する基礎講座に加え、ビジネスと人権( SDGゴール 8 )などといった時事に合ったトピックも加えました。
是非、皆様のご参加お待ちしております!

< 7月セミナー>
@7月12日(木)19:30-20:50 テーマ『持続可能な開発目標(SDGs)と人権の入門 』
A7月19日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGsと土地に対する権利(SDGゴール 9, 11, 15, 7)』
B7月26日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGゴール 16:平和とガバナンス 』

< 8月セミナー>
C8月2日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGゴール 8:ビジネス、経済成長と人権 』
D8月9日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGゴール 5:ジェンダー平等と女性の権利 』
E8月16日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGゴール 13:気候変動への対策と人権 』
F8月23日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGゴール 10:貧困と不平等をなくす 』
G8月30日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGゴール 3:健康と福祉 』

お申込み方法や参加費などの詳細は下記をご覧ください↓
http://hrn.or.jp/news/14122/
______________________________________________________________
【主催】
認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ