[リストへもどる]
一括表示
タイトル12/13(水)ドキュメンタリー映画『鳥の道を越えて』上映会
記事No3746
投稿日: 2017/10/31(Tue) 16:42
投稿者大竹財団
参照先http://ohdake-foundation.org
12/13(水)ドキュメンタリー映画『鳥の道を越えて』上映会 日 時: 2017年12月13日(水) 19:00〜21:00(開場18:30)
ゲスト: 今井友樹さん(『鳥の道を越えて』監督)
会 場: 大竹財団会議室(東京都中央区京橋1-1-5セントラルビル11F)
交 通: JR東京駅八重洲中央口徒歩4分(八重洲地下街24番出口すぐ)
     東京メトロ京橋駅7出口徒歩3分
     東京メトロ日本橋駅B3出口徒歩4分
参加費: 一般=500円(学生、大竹財団会員=無料)
定 員: 各30名(要予約)
     【Web予約】http://bit.ly/2yRaHye
主 催: 一般財団法人大竹財団 Tel.03-3272-3900

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『鳥の道を越えて』

2014年/日本/93分/監督:今井友樹/企画・制作・配給:(株)工房ギャレット

【公式ホームページ】
https://www.torinomichi.com

【ストーリー】
「祖父の見た“鳥の道”を、見てみたい!」
映画の舞台は監督・今井友樹の出身地、岐阜県東白川村。あるとき祖父・今井照夫から、かつて故郷の空が渡り鳥の大群で埋め尽くされたという話しを聞かされる。孫である監督は“鳥の道”を探し求めて旅に出る。

「鳥を捕って食べる?!」
渡り鳥の大群が渡っていた時代、秋になると村では「カスミ網猟」が行われていた。捕って食べるためである。渡り鳥を「カスミ網」でどのように捕まえたのか。なぜ渡り鳥を食べなければならなかったのか。そしてなぜ現在は禁猟になっているのか。旅の過程で生まれるひとつひとつの疑問を丹念に追っていく。